daccolino[ダッコリーノ]

パパの育児へ強い味方が新登場。
ひとりのイクメンのアイデアから生まれた抱っこ紐に変形するボディバッグ「ダッコリーノ」


「歩き出したら、カバンで抱っこ」
ひとりのイクメンのアイデアからスタートし、延べ50人以上のパパ、ママ、子どもとの商品開発で何度も試作を繰り返し生まれたダッコリーノ。
機能性、安全性、デザイン性の3つを両立させ、パパと子どもの様々なお出掛けシーンで活躍し、カッコいいパパを演出します。

ダッコリーノは、「歩育」(ほいく)という新しい子育ての考え方を提唱した今までにない「ちょい抱っこ用」育児商品です。
目と目が合う「抱っこ」という行為は、子どもの心に「親への信頼」と「更なる意欲」を育み、将来の「情緒安定した人格・親子の信頼関係」にまでつながると言われています。

「思う存分歩く」ことと「ちょい抱っこ」すること。
この繰り返しで、子どもの身体も心も、そして親子関係までも一緒に「育てる」。それが「歩育」という考え方です。
「歩育」を提唱した、抱っこもできるバッグ 「ダッコリーノ」です。

サっと抱っこ、サっと降ろせて、そのままボディバックへ、必要に応じてフレキシブルにお使いになれます



公園やショッピング、テーマパークなどへのお出掛けをするとき、歩き疲れた子どもが、「パパだっこーっ」。
そんな時は、さっと抱っこモードに。また子どもは興味があるものをみつけるとすぐ降りたがります。そんな時はさっと降ろしてバッグモードへと切り替えてお使いいただけます。
20kgの体重までご使用いただけるので、4歳位までのお子様に対応しています。
また、ダッコリーノは、これひとつでカバンと抱っこひも2つの機能がひとつになった優れもの。
抱っこ紐ユーザーの多くは、「抱っこしないときに邪魔になる」「かさばる」という声がありました。(メーカー独自調査)
ダッコリーノは、そんな想いに応えるための「カバンで抱っこ」という新スタイルです。
抱っこしないときはボディバッグとして使えるので、邪魔にもなりませんし、これひとつでお出掛けも大丈夫です。

そして、「抱っこ紐が恥ずかしく、装着も面倒なので使っていない」、というパパの声も少なくありません。ダッコリーノは、デザイン性にも拘りをもって作られているので、子どもとのお出掛けもお洒落なパパを演出します。



左右どちらの肩に掛けていただいても使用できるように設計されているので、お子さまと思う存分遊べます。

家族そろってのお散歩。ママも身軽に楽しめます。

ボディバッグとしての機能性も抜群です


収容量もたっぷりあり、ファスナーも大きくコの字型に開くので中身もスムーズに取り出せます。

撥水性に優れているので、レジャーやアクティブなシーンでもお使いいただけます。

キッズシートと荷物ルームの間のアルミシャフトが、お子さまの体重から中の荷物を保護し、抱っこしたままでも財布やスマホが簡単に取り出せ、非常に便利です。

カラーバリエーションは3色あり、お子さまが成長した後も普段使いのバッグとして使い続けられるのがポイント

ターコイズブルー
ターコイズブルー
ネイビー
ネイビー
キャメル
キャメル
お子さまを抱っこしなくなった後は、キッズシートを取り外せば、軽量化が図れ、シンプルなボディバッグとして末永くご利用していただけます。

特別限定バージョン『daccolino コーデュラ』 2017年4月28日に新発売!

とことん耐久性を追求した「daccolino コーデュラ」が新登場!
コーデュラ®生地を用いて、鍵用ホルダーが追加された数量限定ハイグレードモデルです。
コーデュラ®とは、インビスタ社の登録商標で、ナイロンの7倍もの強度をもつ耐久性に優れた繊維のこと。防弾服などの軍事用途をはじめ、耐久性が必要とされるワークウェアやアウトドア用品などに使われる素材です。
なかでも、特に分厚く、強靭な1680デニールの生地を採用。荒い網目状の生地の高い撥水性、裏地のPUコーティングにより、突然の雨にも対応する頼れるバッグです。
コーデュラ ブラック
コーデュラ ブラック
コーデュラ オリーブ
コーデュラ オリーブ
丈夫で上質な生地
丈夫で上質な生地
玉のようにはじく高い撥水性
玉のようにはじく高い撥水性

要望の多かった鍵用ホルダーも内蔵されており、カバンの中で鍵などの小物類も収納しやすく、探しやすい仕様になっています。
こだわられた牛革の色は、”力強さ”と ”上質さ”を兼ね備え、アウトドアではもちろん、タウンユースとしても活躍します。

鍵用ホルダー
新たに追加された鍵用ホルダー
※金属リングとキーは付属していません。
ダッコリーノブラックの牛革・オリーブの牛革
ブラックの牛革 ・ オリーブの牛革

2年の歳月をかけて生まれたダッコリーノは、安心・安全の日本製です

ダッコリーノは東京の一人のイクメンが発案~試作を繰り返し、テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」において2012年トレたま年間大賞を受賞した「一瞬で抱っこ紐」のコンセプトが発端となっています。

このコンセプトに賛同したのが、株式会社カワキタです。
抱っこ紐に変形するバッグの商品化に乗り出したカワキタは、東大阪のバッグメーカーやデザイナー、幼児教育の大学教授、大学生など様々な人たちと一緒に商品開発を行いました。
パパ・ママの立場に立ったモノづくりをするために、子育て真っ最中の一般のパパ・ママ・子どもたちに集まっていただき、商品サンプルを使用してもらって意見を述べていただくリサーチ会を何度も繰り返し行い、その声を商品に取り入れていきました。

製造は、子どもを乗せる育児用品なので安全を第一に考えました。
カバンの産地 兵庫県 豊岡市の有名ブランドのバッグも手掛ける工場に依頼しており、安心・安全の日本製です。複雑な構造のため、ほとんど職人が一つ一つ手作業で作り上げています。
一つずつ丁寧に作られたダッコリーノは、引っ張り検査で約200kgもの重さに耐えられることが証明されています。
(※安全に配慮し、商品の耐荷重は20kgまでです。)

商品化までに約2年の歳月をかけて大切に作り上げられた、それがダッコリーノです。

daccolino(ダッコリーノ)の使い方動画

daccolino(ダッコリーノ)

 一人のイクメンのアイディアから生まれたダッコリーノ。
普段はボディバッグとして使用し、お子さまから「だっこー」と、言われた時にカタチを変形させてお子さまを抱っこできるバッグへと変身させることができる新しいカタチの育児グッズです。
ダッコリーノは、歩きはじめたお子さまの歩み、親子のふれあいを重視して作られました。

daccolino[ダッコリーノ]
  • daccolino[ダッコリーノ]
  • daccolino[ダッコリーノ]
  • daccolino[ダッコリーノ]
  • daccolino[ダッコリーノ]
  • daccolino[ダッコリーノ]
商品コード:
000004

daccolino[ダッコリーノ]

「daccolino[ダッコリーノ]」
・サイズ :横:17cm 縦:58cm マチ:12cm
・対象年齢:2歳〜4歳頃まで
・ご使用いただける体重:20kgまで
・収納容量
■1ルーム(外側)
スマホ、財布、キーケース、パスケース、ミニお菓子

■2ルーム(内側)
ハンドタオル1枚、Lサイズの紙オムツ1ケ、ミニサイズのおしり拭き、ポケットティッシュ、ビニール袋1ケ
また、目安として1ルームにつき文庫本6冊、計12冊が収納可能です。

・素材 :
 本体生地…ナイロン、ポリエステル(撥水加工)
 内部生地…ナイロン
 座面生地…ポリエステル
 革  部…牛革(ヌメオイル加工)
 シャフト…アルミ
・生産地 : 日本
・カラバリ : 3色
・バッグ重量:約878g
・価格 : ¥27,600(税抜き)

「daccolino[ダッコリーノ コーデュラ]」
・素材 :
 本体生地…ナイロン
 内部生地…ナイロン
 座面生地…ポリエステル
 革  部…牛革(ヌメオイル加工)
 シャフト…アルミ
・生産地 : 日本
・カラバリ : 2色(D006 ブラック/D007 オリーブ)
・バッグ重量:約919g
・価格 : ¥35,000(税抜き)
※ファスナー、ミシン目から水が浸入する恐れがあります。
関連カテゴリ:
人気

daccolino[ダッコリーノ]

29,808 円 (税込)

カラー :
数量:

daccolino[ダッコリーノ コーデュラ]

37,800 円 (税込)

カラー:
数量:

在庫数:0

その他のオススメ商品

■お申込み方法
お申し込みは上の選んだ商品をカートに入れるよりお進みください。

■お支払い方法
クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込、郵便払込みがご利用いただけます。
銀行振込、郵便払込みはお申込みをいただいてから、ご確認メールと同時にお振込みについてのご案内をいたします。

■荷造送料
1 回のご注文につき、荷造り送料として、以下の地域以外は無料となります。北海道300円、青森県・秋田県・岩手県が100円、宮城県・山形県・福島県が50円、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県が100円、沖縄・離島が1500円が別途かかります。

■商品のお届け
ご入金確認後、通常10日以内に商品を発送致します。

■返品・交換
原則的にはお受けしませんが、万が一、破損、汚損などがございました場合のみお受けいたします。
商品到着後不具合がある場合には、商品到着後7日以内に以下問い合わせ先までご連絡下さい。
問い合わせ先:shopping@tocotoco-mag.com